私たちが歩いて、足を地面に着地させたとき、足の外周は1cmほど大きくなります。

これを靴下と靴で締め付けてしまうと、足は広がることができず、

足の指(趾)の強化や機能を促進することができません。


足が開放されたぞうりを履くと一歩ごとに鼻緒を

足の指(趾)でつかむ動作が自然にできるようになります。



 

 
 ミサトっ子を半年間履いた子は

  図のように土踏まずの形成が

  促進されています。
 

 特に親指、薬指、小指の力が強くなり

 横のアーチが強化され、

 浮き指もみられなくなりました。




ぞうりは幼児期から学童期の子どもにとって理想的な履物です。

ぞうりを履く機会をつくって、よく歩き、よく遊ぶことを心がけてあげましょう。

これが子どもの心身全体の健康に大きく関係してきます。






<この原稿は原田先生の著書から引用・編集したものです>

 

 


参考文献

「お母さんと子どものための“足からの健康づくり”」
原田碩三・斎藤とみ子 著 中央法規出版

「わかりやすい子どもの足とはき物の話」
原田碩三 著 日本教育シューズ協議会

「土ふまずの形成と幼児の発達課題」
原田碩三 著 黎明書房

 

 

 

2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
Facebookページもございます



Tポイントが使えるYaoo!店はこちら
Top